スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半日検査入院のはずが・・・

2012.03.24.Sat.13:35

元気になってトイレの上にわざと座って嫌がらせをするサラ


ashi2_20120323173946.jpg
サラの夕食 (足の為ネバネバ系たっぷり)


あんまり長い間、あたしがびっこをひいて歩いているので

ママがあたしを病院に連れて行きました

そしたら病院の先生に、

「サラちゃん、検査の為に半日ほど入院してください」って言われました

ママは泣く泣くあたしを預けたのですが

あたし・・・たった2時間ほどで退院させられちゃいました~

だってママ~、あたしママと離れるの嫌なんだもん!!


いつも見てくださってありがとうございます♪

にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ
にほんブログ村


0323-1.jpg
3月19日月曜日 退院直後、麻酔をかけられて目の焦点がまったくあわない状態でした
この目がまる2日間半ほど続きました。

0323-2.jpg
退院から21日水曜日夕方まで麻酔がきれずほとんどボーとしてこのように寝てました

0323-3.jpg
22日木曜日夕方ぐらいから元気が出て来て、これは23日金曜日のお昼の写真です

0323-4.jpg
血液検査を毎年この時期受けてますが、今年はパーフェクトでした♡

0323-5.jpg
今回のサラにかかった費用
狂犬病注射代+血液検査代+レントゲン撮影代+フィラリアのお薬等 しめて57450円・・・涙



1月に雪遊びに行ってからなんとなく足の調子がずっと悪く気になっていたので
狂犬病注射とフィラリアの薬をもらいに行くのを兼ねて思い切って股関節の検査をしてもらいました。

レントゲンを撮るためには局部麻酔みたいなのをかけなければならないらしく
とても嫌だったのですが(麻酔が嫌だったのでこの歳まで股関節のレントゲン検査は見送っていました)
覚悟を決めて誓約書にサインをしサラを預けてきました。
(誓約書は万が一のことがあっても病院はいっさい責任を負いませんというような内容です)

当初、先生の説明では夕方6時から7時半ぐらいに麻酔がきれたころに連絡をいれるので
迎えに来てくださいとのこと。(預けたのは午前11時ごろでした)

後ろ髪をひかれる思いでサラを預け一度帰宅したのですが
それから2時間ほどもたたないうちに病院から電話が・・・

もしかしてサラに麻酔をかけたら何か容態に急変でもあったのでは!!
と不安な気持ちで電話に出ると、病院の先生から「サラちゃん、少し麻酔が覚めて
暴れて元気がありすぎるので今すぐ迎えに来てください」との思いもしないお言葉が・・・

私も主人も「へぇ?」ってちょっと拍子が抜けたのと同時に
さっき預けたサラをもう迎えに行けるという喜び一杯で大急ぎで病院へと向かいました。

病院では診察室1室を占領したサラが麻酔の効いたフラフラの体で
私達を大喜びで迎えてくれました(そこは診察室が3室あります)

本来まだ麻酔が効いていてとても帰宅出来るような状況ではなかったと思うのですが
どうやら家に帰りたい一心で、根性で正気を保ち、先生たちに帰りたい気持ちを表して抵抗していたようです。

病院の奥には大きなケージもあり、普通は診察を終えると一時その中で待機して待っていなければならないのですが、サラはおそらくそこに入ることを抵抗したのでしょう。
そのため診察室1室を占領する形になり、サラはワンコの体重を計る台の下にグルグルに紐で巻き付けられて待たされていました。(病院には午後からの診察があるため診察室1室占領は大迷惑~笑)
ちなみにうちのサラは本来ケージで待機することは大得意なのですがー笑

どうやらこんな感じのサラの扱いに困り果てた先生が急いで我が家に助けを求めて電話をしてきたようです。

で、大喜びで家に連れて帰った私達ですが、麻酔は夕方ごろにはだんだんキレてくるはずなのに
結局サラの場合、体がかなり大きい為麻酔がなかなか効かなくて色々されたようで
(色々って何?ってすごく不安に思いましたが)それから2日間半ほど麻酔が完全にきれませんでした。

そして家に帰ってきてからはずっと寝っぱなしで目がいつも宙に浮いてるような状況でした。
よくこんな体で病院では気丈にあたしは正気よ!ってアピールしていたものだと思いました。
そんなサラの気持ちを思うと、不憫で仕方がない気持ちになりました。
その日は家の中でさえ歩くことがまともに出来ず、
完全にサラが元通り元気になりだしたのは4日後の木曜日夕方ぐらいからでした。
おそらく病院でのサラの抵抗は死をも覚悟ぐらいの勢いだったように思われますー涙

こんな状況でしたが、今回受けたレントゲン検査の結果では
股関節には特に異常がなく右足の膝の潤滑液?みたいなのが少し足りなくなっているとのことと
足先のかなりのタダレが原因で足を引きずっているのではないかということでした。

病院ではタダレを治すための抗生剤と痛み止めをもらい、しばらく様子をみることになりました。

現時点ではいまだ足を引きずって歩いているサラですが、やはり私から見ても
どうも足のタダレが痛いのかそれをかばって歩いているような気がします。

血液検査その他等にも何も異常がなくホッと安心はしたのですが
やはり以前から恐れていたように麻酔は恐いな・・・と今回改めて思いました。
(だからと言って病院の先生を責めているわけでは決してありませんよ)

体重のほうも昨年この時期55㎏あった体重は一年間のきっちりとした食生活をキープしたおかげで
約47㎏までになっておりました。
サラの理想体重50㎏~52㎏よりは少しすくなくなりましたが、これも足の事を考えると
ちょうどいいのではないかと私なりに考えております。
何しろ血液検査の結果が見事なくらい理想的になっていたのでそれが証明しているのではと思います。

昨年は血液検査の結果、γGTPに異常値が出てましたが1カ月間で体重を2.5㎏落とすことによって
根性で元の正常値に戻してみせました。
やはりこの数値には体重もかなり影響するのではとその時思い、この一年間正しい食バランスで
正しく体重を減らすと言う事をいつも念頭においてサラの食事を手作りしてきました。
その結果が綺麗に出ていたので、私もそれに関しては万歳~って言いたいです。

・・・でもねぇ、本音 もうチビっとだけふっくらのサラが好きなんですけどねー笑
あ、そうそう、うちのサラなんですが麻酔が効いてフラフラでも食事だけは
毎回完食しておりました。恐るべし食い意地のはった娘ですー爆


*長文、長々とお付き合いありがとうございました。
 少しでもどなたかの参考になればいいなと思ってます。



おまけ

0323-6.jpg
袖つきの服を作ってやりたくてパターンを何度も描くのですが
イマイチびたっと決まりません・・・
どうもこの洋服は気にいらない様子のサラー笑

0323-7.jpg
自分用の服を作りました。
やっぱりちょっと可愛めになってしまいました~笑
重ね着もOKだし夏にこれ一枚で着ても可愛いかななんて思います。



いつも見てくださってありがとうございます♪

にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ
にほんブログ村


コメント
タイトル見てドキドキしましたが、安心ました。
麻酔は本当に恐いですね。
でもでも凄くサラちゃんらしいなと思ってしまいました。
ぜがひでもお家に帰りたいと、足元がフラフラでもド根性をだしたのでしょうね。
それだけお家がいいですね!!健気で可愛いです♡
股関節が悪いわけでなくて良かったです!!

麻酔の効き目と覚醒はワンコ一人一人違うようですね。
シエルは3回全身麻酔をしてますが、(肺にチューブ投入が2回と手術)
次の日は元気があまりないけど、いつものシエルでした。

足先のただれは、足をかばう程痛かったのですね(涙)
足先のただれとは、足先を舐めて赤くなってるところですか?
人も末端の手とかのただれは凄く痛いですもの~
辛かったでしょうね・・完治しますように。

血液検査もバッチリで凄いです。
これもあくびさんの頑張りと愛情ですね♡
いっぺんに諭吉さまが出ていかれましたね。
我が家も4月になったら、検査&注射に行ってきます。

PS ノエルはいただいた袖ありのお洋服は、喜んで着てくれてます。
  重宝してます。ありがとう♡



管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
シエ&ノエママ さんへ

バニは麻酔に弱いというのを以前から聞いていて
股関節の検査はずっと敬遠してたんですよ。
でも今回思い切ってこの際にと、してもらうことにしたのですが
やはりサラの場合、たまたまかもしれませんが調子は良くなかったです。
やめておけばよかったかなと思わないでもなかったですが
股関節等に異常がないとはっきりわかったので安心は出来ました。

ノエママさんなら分って頂けるかもしれませんが、必死に帰りたい~~ってアピールするサラはほんとサラらしいでしょう(笑)
きっとこの子は誰の手にも負えないだろうなといつも思います。
だからこそ私じゃなければ・・・と思っていっそう手をかけてしまうので、それがサラにはよけいに他の人ではダメっていうことになってしまうのでしょうね~
先生はサラが帰ってくれてホッとしたみたいです(笑)

このところ、ずっと右後ろ足ばかり舐めていたんです。
怒ってやめさせていたのですが、指の間を開けてみると
かなりひどいことになっていたようです。
私的にはこのぐらいの赤くタダレてるのは普通だろうと思っていたのですが、どうもこれではかなり痛いらしいです。
案外私ってのんきでいい加減なんですよね(笑)
あらためて自覚しました~

血液検査、去年初めてひかかったので緊張したのですが
今年はなんだかとても綺麗に数値が出ていてやった~♪なんて思いました。
こればかりが全てではないですけど一つの目安ですものね。
足ももちろんそうですが、健康であることが一番です。
ノエルちゃんところも4月は何かと散財時期ですよね。
我が家もこの3月、4月とは恐ろしい金額が家から出ていく予定なので今、貧乏暮らししてます(笑)
でもそのおかげで私、体重が少し減りました~!!

ノエルちゃんには試作品第一号を着てもらってほんとごめんなさいね。
ほんのお試しのつもりだったので手抜きだらけなのでお恥ずかしい限りです。
袖つきは、意外に体型によって微妙に袖のつっぱり具合が違ってくるので、私には難しいです~。
またバッチリのが出来るようにチャレンジしたいと頑張ってますので、いいのが出来るようになったらその時はノエルちゃん用に可愛いの作りますからね~♡

鍵コメさんへ

コメントありがとうございました。
メール入れさせてもらいました♪
鍵コメさんへ

コメントありがとうございました。
メールいれさせてもらいました♪
大変でしたね?
サラちゃんは麻酔に弱い体質なのかもしれませんね?
私も麻酔で反応するバニちゃんをナンニンか知っていますが、サラちゃんのようになった子は初めてです。
福も顔の湿疹が内蔵にもあるかも?と麻酔の時はいろいろな検査をしてからなんです。
うちはニャンズのクルが麻酔とワクチンにアレルギーがあるので、アレルギーを抑える注射をしてから、しなければならず、それでもそのあと・・・しばらく体調が悪く、ワクチンを打つのを考えてしまいます。
でも、そんな(かなり、体的には思い通り動かない状態)ふうになっていても、「おうちに帰る」「ママはどこ?」って・・
不安だったのでしょうね?でもおウチでママのそばに・・・っていう気持ちが嬉しくもあり。って感じですか??
私も福が手術だ・・・入院だっ!!ってなると
「あの・・・この子、私達と離れたことがなくて・・・大丈夫でしょうか?寂しがらないでしょうか?」と獣医さんに聞いてしまいます(笑)
毎回、獣医さんに失笑されてます
でもバニの飼い主さんって多いみたいでちょっと安心しました。^_^;
でも検査検査がパーフェクトで良かったですね。
大変だったんですね
麻酔はやっぱり怖いですね
ウチは、今の所避妊の時1回だけですが
で、2歳になったらちゃんと関節の検査したいなあと思ってるんですが
麻酔無しでレントゲン撮ってくれると聞いていた病院が
チラシを見たら「麻酔」って書いてありました
聞いてみて、そうだったらやめようなか~とも

指の間のただれとは、指間炎か何かでしょうか
ブロ友バニさんがなってました
早く良くなるといいですね

55から47kg!凄い!頑張りましたね~
あ~ワタシにも、爪のアカが欲しいわあ~
にゃん太さんへ

ずっと前から股関節の検査は受けたかったのですが
麻酔がどうしても嫌でためらってました。
でも今回は治りがあまりにも遅いのでとうとう決心したんですよ。
麻酔のほうは大丈夫ですか?と一応何度も先生に確認したのですが、
やっぱり先生も絶対っていう保証はできないですものね・・・
もうよほどのことがないかぎり麻酔は嫌ですね。

サラも7か月の頃今の病院に避妊手術で預けた時以外、一度も
私達の傍を離れたことがないのでもう心配で心配で(笑)
でもどこの飼い主さんも皆同じ気持ちですよね。
病院の先生に「サラちゃんが暴れてて・・・」みたいな電話をもらった時は、
思わず笑ってしまいました。
でもその時は本当ならとても立って歩けるような感じではなかったのに
必死に平静さを保っていたサラを今更ながら驚きと呆れで感心してしまいます(笑)

福ちゃんもお家っ子ですものね♡
にゃん太さんが預けるととても心配になる気持ちがよく分ります。
やっぱり人間もワンコも家が一番です!
イヴままさんへ

うちもね、避妊手術の時にやはり麻酔してますよ。
その時も心配で、心配で恐かったですが、
一日入院で翌日完全に麻酔がきれてからだったので具合は良かったです。
今回はまだ麻酔がきれていないのに、動いてかなり無理をしたからではないかとも思ってます。
本当はじっとしておかなければならないのに、もう普通に動いて吠えてって感じでしたから。
でも後から思うと、よくそんなことが出来たなというぐらい
家では歩くことさえその後出来ないぐらいでした。
家に帰りたい一心だったのだと思います。

イヴちゃんは普段足に問題がなさそうだから、よほど何かあってからでもいいのではないかしら・・・って思いますがね。
出来ることなら麻酔なしで出来る病院がいいと思います。

指の間の病名は聞いてくるの忘れました~(笑)
そういう病名なのでしょうかね?
このところずっと舐めていたんですよ。怒るとやめていたのでそこまでひどくなっているとは気がつかなかったんです。
きっと私が見ていない時に(夜の間とか)舐めまくっていたようです。
先生によるとお薬を飲んでるといっきに治るらしいですが。

実は私も自分の体重をおもいっきり減らしてみたいです(笑)
サラの事や家族のことなら出来るのですが、自分の事となるとね・・・。ようは自分には甘いんです(笑)
でも見事に減ったでしょう~
一年で徐々に8㎏減ったって言うのは理想的ではないかと思うんです(←自分でえらそうに言うな!ですねー笑)
ワンコダイエット本を出版しましょうかねー爆(どこまでもつけあがる私~)
サラちゃん!!ビックリした…
会社なんだけど焦点のあってないサラちゃん見て泣いてしまった…

麻酔怖いよね…避妊手術の時も怖くて怖くて。
何度も先生に聞いたり夜も顔のぞいてもらえますか?って
聞いたりもしたけど絶対はないみたいに言われてね…
朝預けて夕方まで電話来なくてホントに怖かった。。
病院行く時から車に絶対のらなかったし…うちも病院で大暴れしてたみたいだから、笑
わかる、サラちゃんもおこげもダメだよね…
必死な姿想像するだけで涙が出る…。
入院する時は飼い主さんも一緒に入院?っていう病院があってね、
ボール飲みこんだ時にいったんだけど。うちはなんかあったら
そこに行こうと思ってる…。

おこげも今年初めくらいだったか足びっこひいてたの。
爪が割れてたみたいなんだけど触らせないのー…結局
欠片が落っこちたみたいですっきりしたみたい。
病院だいっきらいだからホントに困った。
おこげも手足しゃぶってばっかりいるよ…怒ってばっかりなの。
ただれちゃうんだよね…足がびしょびしょになって足跡がすごいの、笑

おこげは飼い主がいい加減だから好きなものいっぱいって
感じに食べてるんだけど毎年血液検査はばっちりなのよ…
うちも来月検査なんだー。
相変わらずむっちりだよ…
サラちゃん足はやく良くなるといいね!
なおこげさんへ

家に帰ってきてからもず~っとこんな感じの目の状態が続いて
寝てばっかりだったのですごく心配になったよ。
でもそのうち麻酔が絶対キレてくるからと思って気長に待ちました。
だんだん元気になってイタズラし始めた時は嬉しかった~
やっぱりこうでなくっちゃですよね(笑)

おこげちゃんも暴れて言う事聞かなくなったら大変そう(笑)
またサラと一緒で頑として自分の気持ちをアピールしそうだもんね。
とにかく預けるって言うのは嫌だなって思います。
ほんとずっと横についていてやりたいよね。
その一緒に入院っていう病院はなかなかすごいね。
そういう時だからこそ、ワンコも人間も落ち着くまで家族がそばにいて欲しいよね!

爪が割れてっていうこともあるのね?
なんかね、びっこひくのが癖になったみたいにまだびっこひいてるのよ・・・
もう少し様子見てみようとは思ってるんだけど。
でも体重が少しでも軽いとお尻は持ち上げやすいみたい。

この一年間、ちゃ~んと毎回やるお肉の量も計ったし
(←以前はいい加減~笑)、頑張ってバランスも考えたし・・・
で、少々手作りにはお疲れ気味の私なんだけど、
サラの嬉しそうな顔を見ると頑張らざるをえなくてね(笑)
やっぱり美味しいものは美味しいと思うし
生涯が短いから出来るだけ幸せな気分味あわせてあげたいなって思います。
その努力の甲斐があってか血液検査はすごく調子良かったの~
うちも去年初めてひかかったんだよ!
やっぱり先生にも少し体重を減らすことによって違ってくるって言われたから
1カ月で減量してOKを再度もらってからは
もうこの一年間はとりあえず食事に気をつけたの。

おこげちゃんも血液検査、今年も良好だといいね。
それが一つの健康のバロメーターだもんね。
今回おもちゃをもってきてイタズラしたり、嫌がらせされたり出来るようになった時、これが一番って思えました(笑)








管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。